研究の概要
水災害のメカニズム解明と被害拡大要因の解明
豪雨災害,インドネシア・ジャカルタ洪水やフィリピンのスーパー台風ハイエン等の被災メカニズムや被害拡大要因を明らかにするため,現地調査や数値解析に取り組んでいます.
これにより,減災を達成するために必要なリスク評価や事前の備え,災害時に必要な対応等を提案しています.
写真は現地調査時に撮影した被災状況です.
想定外を想定する
物理的に起こり得る最悪クラスの水害である可能最大洪水や可能最大津波の事前想定に取り組んでいます.
これにより,想定外と言い訳するのではなく,しっかりと事前に最悪シナリオを想定し,そこから減災していくためにどのような対応が必要かの議論が可能になります.
図は算定した可能最大洪水氾濫の一例です.
沿岸域水防災に関する研究
インドネシア・ジャカルタ沿岸部の水害リスク評価に取り組んでいます.
沿岸部は地盤沈下・海水面の上昇等の影響により水害リスクの増加が今後懸念されています.
図はジャカルタで算定した浸水域の一例です.
領域気象・洪水氾濫統合モデルの開発・適用
純然たる物理過程に基づく領域気象・洪水氾濫統合モデルの開発・適用を行っています.
領域気象モデルを用いて降水を計算することで,全世界どこにでも普遍的に洪水再現・予測が可能になります.
動画は洪水氾濫計算結果の一例です.